婚姻要件具備証明書・独身証明書の英訳サンプル

婚姻要件具備証明書・独身証明書

婚姻要件具備証明書・独身証明書の英訳はどこよりもお安いページ数関係なく1通3000円となります。

婚姻要件具備証明書・独身証明書の英訳サンプル

婚姻要件具備証明書は発行した自治体・法務局により様式が異なり、またタイトルも、婚姻要件具備証明書、独身証明書、単に証明書と変わります。ですので、こちらのサンプルは必ずしもお持ちの書類と一致しない場合があります。

 

single certificate

独身証明書の英訳見本サンプルとなります。(細部は最新のものと異なる場合があります)

外国へ結婚登録申請をする場合に要求される書類となり、非常に多くのご依頼をいただきます。特にイギリス、アメリカ(米軍関係も含む)、スリランカへの結婚申請用の翻訳のご依頼が多いです。

スリランカ大使館のHPで推奨される日本翻訳連盟会員による翻訳です。これまでも数多くの実績があります。

英語では、Single certificateや、Unmarried certificate(こちらは本来「未婚証明書」としてこれまで結婚していない証明書の意味となるので、厳密には違いますが、日本には未婚証明書に当たるものは無いのではないかと思います)といった表現がされています。それらの書類を提出するよう指示されたのであれば、こちらを提出すればよいかと思います。(必ずご自身で提出先に必要書類はご確認ください。)

発行は、法務局や市区町村役場で可能です。東京法務局の「よくあるご質問」にも詳しい説明がありますのでご確認ください。

認定翻訳証明書

無料で添付される翻訳証明書について説明します。日本で唯一の認定翻訳者&行政書士の翻訳証明書です。

・よくご依頼のあるイギリス・オーストラリア・スリランカに対応した翻訳証明書になっています。(他の国にももちろん通用いたします)

・弁護士、司法書士、行政書士等ほかの士業の方からもご依頼をよくいただきます。もし弊社の翻訳証明書が不要であれば、事務所名等の記載を外したPDFデータのみの納品も可能です。お気軽にご相談ください。

certificate of translation
翻訳証明書(英語)

①さくら翻訳・国際法務事務所のロゴが入ります。事務所の訳語「Firm」はlaw firmなど弁護士事務所など法律系の事務所によく使われます。この部分に事務所情報の記載があることがオーストラリア向けの文書には要求されます。

②行政書士の訳語として「solicitor(イギリスの事務弁護士)」を使用し、「immigration lawyer(アメリカの移民弁護士)としても知られる」と説明しています。

③「true and accurate translation」の文言はイギリス向けの翻訳で要求されます。

④行政書士印:行政書士法で行政書士が作成した文書には行政書士として登録した印鑑を押さなければなりません。

⑤英文スタンプ:事務所名が入った英文のスタンプが押されます。翻訳した文書と割印も押されます。

翻訳認定機関名・登録番号と、政治・経済・社会分野の認定英日翻訳者金融・経済・法務の認定日英・英日翻訳者であることが記載されています。

⑦日本翻訳連盟の会員であることがスリランカ大使館向けの翻訳で要求されます。

⑧翻訳者の住所・経験・資格などの記載がオーストラリア向けの翻訳で要求されます。

依頼フォーム