フィリピンの証明書の翻訳サンプル

フィリピンの 証明書 の 翻訳(英語→日本語) はどこよりもお安い【1ページ3000円から】となります。【行政書士・認定翻訳士】による高品質翻訳がこの価格!行政書士は在留ビザ申請・帰化申請のプロフェッショナルです。

よく翻訳依頼を受けるもの
  • 出生証明書(Certificate of Live Birth)
  • 認知宣誓供述書(Affidavit of Acknowledgment/ Admission of Paternity)・出生遅延登録の宣誓供述書/Affidavit for Delayed Registration of Birth)
  • 出生届(Birth Report)
  • 結婚証明書(Certificate of Marriage, Marriage Report)
  • 独身証明書/婚姻要件具備証明書(CENOMAR)
  • 婚姻履歴証明書(Advisory on Marriages)
  • アポスティーユ証明書
  • レッドリボンがついた認証証明書(Authentication Certificate, Red Ribbon)
  • バランガイ証明書・無犯罪証明書(Barangay Clearance)
  • 在学証明書
  • 卒業証明書
  • 成績証明書

フィリピンの証明書の和訳翻訳依頼は、結婚・出生登録・扶養家族の控除 などの申請 や、留学・就職・ビザ申請の必要書類としてよくご依頼があります。

アポスティーユ証明・レッドリボン

 

 

 

アポスティーユ証明書や、フィリピン外務省で認証された証明であるレッドリボンがついた認証証明書の翻訳の提出が求められる場合もありますので、提出先にご確認ください。

*レッドリボンは2019年5月から廃止となり、代わりにアポスティーユ証明書が付くようです(ただ、相変わらずレッドリボンが発行される場合もあるとのこと)。

 

証明書の入手方法

東京のフィリピン大使館、大阪の在大阪フィリピン総領事館、名古屋の在名古屋フィリピン総領事館などがあります。フィリピンからの海外郵送の受付もあります。

フィリピンの出生証明書の和訳見本

 

*フィリピンの出生証明書は、年代によって変わりますので、お持ちのものとは違う場合があります。

認定翻訳証明書(日本語)

翻訳証明書(日本語)
翻訳証明書(日本語)

①さくら翻訳・国際法務事務所のロゴが入ります。

②英文スタンプ:事務所名が入った英文のスタンプが押されます。翻訳した文書と割印も押されます。

③行政書士登録番号、翻訳認定機関名・登録番号と、政治・経済・社会分野の認定英日翻訳者金融・経済・法務の認定日英・英日翻訳者であることが記載されています。外国人のお客様がどのような資格を持っている翻訳者か安心していただくために英語でも記載してあります。

④行政書士印:行政書士法で行政書士が作成した文書には行政書士として登録した印鑑を押さなければなりません。

 

依頼フォーム